tetugorous Photograph

又兵衛桜を撮ってきた。

奈良県の宇陀の方に又兵衛桜という名の桜があります。

私がちょうど一眼のカメラを初めて買った時にSugimura氏と一緒に取りに行ったのですがまあ桜の季節ですし結構大きな桜なので撮りに行って来ました。

今回は私一人です。

もちろんK3とG1二台体制で行きました。

G1買うとK3を使うかが心配でしたがそんなことはなく、K3の方はそれはそれで完成されたカメラなのでというよりもG1のフィルムは一本しか持って行ってないのとモノクロフィルムを投入していたのでK3中心になりました。

来週に尾道周辺を旅したいのでその時はG1+エクターに活躍してもらおうと思います。

 

又兵衛桜は結構有名ですが名前の由来はかの有名な戦国武将の後藤又兵衛基次です。

この宇陀には伝承があって大阪夏の陣で敗退した後藤又兵衛基次が自害せずに再起を図るために隠れ住んだという伝承があってその後藤又兵衛基次が住んでいた邸宅にあったことから又兵衛桜と言われていると言います。

又兵衛桜の駐車場に着くと駐車場のおじさんが「三分咲きですよ。」と言った感じで咲き具合を教えてくれました。

てか停めて駐車料金取ってから三分咲きって教えてくれてもそれはそれで帰れないのでやめて欲しいものです。

教えないほうが優しさなのではと思いました・・・

この又兵衛桜に行く途中に私の家の近くの玉串川沿いには既に八分咲きになっていた桜通があるのでそっちを撮ろうかどうかかなり迷ったのですがこのおじさんのお陰で玉串川に行っていたら良かったとかなり後悔の念が襲ってきました。

とは言えせっかく来たので又兵衛桜を撮りました。

この又兵衛桜ですが実は又兵衛だけではなく桃も群生していて桃のほうはピンクで綺麗に…蕾んでいました・・・

まあ宇陀はまだ寒いので仕方ないのかなあとも思いましたが桜の方は三分とはいえ結構立派に咲いていたので良かったです。

家族連れもたくさんおりスナップには良いのかなあとも思いました。

もちろん沢山カメラマンがいてすごくお歳をめしたお爺さんが可愛い顔でカメラを構えていました。

こちらの方はG1で撮影したので今回は写真がありません、私がフィルムスキャナを買うのを期待しましょう。

この日は到着した時点ではかなり天気が良く、程よく雲もあっていい感じの天気でしたが段々と雨雲が忍び寄って来て最終的にはどんよりしてしまいました。

仕方がないので結構早めに帰りました。

まあ夕陽とか朝陽には私自身はあまり興味が無いので、むしろその直前の太陽が高めの斜光のほうが好きなので。

 

ホントこう言う場所に来たら隠棲したくなってしまいます。

自分は最近かなり真剣に考えるのですが海が近い田舎街に隠棲したいです。

ですので金を貯めて古民家を買って古民家PhotoGALLERYをしてのんびり生活をしたいなあと考える今日このごろです。

17-50 f2.8Biogon G 28mm F2.8CONTAXCONTAX G1da 50-135 F2.8G1japanK-3K3naraPENTAXSAKURASIGMASIGUMASnapさくらスナップフィルムフィルムカメラ写真ブログ又兵衛桜宇陀日本

tetsugorou • 2015年4月4日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください