tetugorous Photograph

02/27 久しぶりに大阪城

先週2日ほど大阪に帰って大阪城に行きました。久しぶりに行くとその大きさにやはり圧倒されますね。あと人の多さにも・・・
大阪城はこのように昔は黒い城でした。豊臣大阪城と言われています。大坂夏の陣で黒い大阪城が消失してしまったため白い大阪城を徳川家が再建しました。その後天守閣が再び焼失してしまったため鉄筋コンクリートで再建したのが今の大阪城天守閣です。今の大阪城天守閣は徳川期と豊臣期の大阪城のデザインのいいとこどりをした城なのです。
そしてこれが大阪城の前身の石山本願寺。徳川大阪城は豊臣大阪城を埋めて作り、豊臣大阪城が石山本願寺を埋めて作った。顕如聖人はこの石山本願寺で一向一揆を行い信長を苦しめた。信長の生涯で信長を最も苦しめたのは武田信玄でも上杉謙信でもない、この顕如聖人こそ最大のライバルであった
さらに下って平城時代はこの大阪城の南側に難波宮の大極殿があった。ここに一時遷都が行われたのだ。しかし、数年して聖武天皇はすぐに平城宮に戻ってしまった。数年間の遷都だったがかなり巨大な都だったであろうことはこの大極殿あとを見ても想像できる。聖武天皇は遷都好きの天皇で紫香楽宮や恭仁宮などにも遷都したがその理由が副都を探していたのではという説がある。とすれば紫香楽宮は石仏を建立しようとしていたので仏都、難波宮は瀬戸内海の海上利権を抑えるための商都としようとしていたのだろうか?大阪城に行く人はこの大極殿も含めて観覧すべきだと思う
K1城写真大極殿跡歴史

tetsugorou • 2019年2月27日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください