tetugorous Photograph

岐阜城行ってきた。

先日岐阜城に行ってきました。

写真は撮っていたんですが色々と自堕落な生活をしていたためアップ期間が大分と空いてしまいました。

なんだか急に岐阜城に行きたくなったのですが理由は特にありませんw

到着したときは少し曇っていたのですが登りきったときは雲が開けてきて丁度良い天気でした。

岐阜城と言えば信長の天下布武の出世城、天守内にはたくさんの資料がひしめいているのかと思いましたが資料らしい資料は特にありませんでした。

鎧とか茶器とかそういうものが並んでいたくらいでした。

岐阜城で特筆すべきはかなり切り立った山の上にある城ということですね。

そして岐阜城に行って一番驚いたことは山の名前が金華山ということでした。

稲葉山じゃなかったんですねw

城が建てられている山の名前まで深く考えたことが無かったので今まで知りませんでした。

じゃあ岐阜城以前の稲葉山城ってどこからでてきたんでしょうねえ?

もしかしたら元々この山を支配していた稲葉氏が居館としていたので稲葉山と言う通称で呼ばれていたとかでしょうか?

恐らくですがそんなとこでしょうかね。

まあどうでもいいことなんですが

ところで今回から風景はモノクロで撮ることにしようと思います。

最近色々と写真の有り様を考えるのですが色々と考えた結果風景こそが階調を見せないといけないのではないかと思ったからです。

風景というジャンルは行く場所が良くて光の条件が良ければカラー写真であれば大抵がよく見えるものです。

その為色を強調して出すことで写真をより良く見せようとしますがそれだと階調が失われてしまい評価の先が色のみになってしまいます。

モノクロなら階調や写真の結果で勝負できます。

正直朝日や夕日を撮ってこれは綺麗って言われたところでテンションが上って興奮するような喜びは全くありませんし、それならばいっそ色なんてない方が風景自体を見せるには最も良い方法じゃないかと思います。

幸いK1はかなり細かい設定ができるモノクロモードがあるので色々と手を入れて見ようと思います。

ちなみに岐阜城自体は資料は少ないですがリス村とか色々とあるので楽しめないわけではありません。

名古屋に行くついでに行ってみてはいかがでしょうか?

FA☆28-70japanK1PENTAXPENTAX K1モノクロ仏像岐阜城日本風景

tetsugorou • 2016年12月31日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください