tetugorous Photograph

姫路城へ

カッコいい

2月の話ですが姫路城へ行って来ました。

ようやく蒸し暑い7月に2月の記事がアップできるわけですがこの調子だと冬になる頃にはなんとかねじ曲がった時空が整えられそうですw

この頃は冬の乗り放題切符なるものがあったので新快速に乗って姫路へ行って来ました。

最近電車に乗って移動することが増えました。

前は殆どが車だったのですが車に乗るのは用事がある時だけにして今は電車にしています。

なぜなら歩かなければ写真を撮らないからです。

車だとどうも目的地だけを目指してしまって到着してからの写真になるんですよね。

電車だと絶対に歩きますし車窓からの写真も撮れますからね。

車だと運転中は写真が撮れません。

姫路城は駅前の道路からすぐ見える、威容が素晴らしい

撮れなくは無いけど危険ですよね。

信号待ちも気を抜けないしそれに信号待ちで気を抜く奴は運転する資格はない。

と言うことで写真を撮る時は電車を使う事にしています。

おかげで遠方に移動する時は格安切符を探すという癖がついてしまいすっかり格安切符マニア化してしまいました。

姫路城の入り口
丁度櫓が補修工事中だった。

やっぱりこうしてみると姫路城は素晴らしいですね。

とか言ってますが私は姫路城にそんなに回数行っていません。

ですのでこれなんか記憶に残る範囲では2回めくらいだったと思います。

大阪に住んでるんだから姫路城には簡単に行けると思うかもしれませんが割りと姫路は遠いですよ。

今でこそ新快速に乗れば大阪から1時間以内に到着しますが昔はそうではなかったですし、流石に電車で1時間、車で2時間と言う朝うだうだ、だらだらして、昼から出発というには遠いよね。

表門

と言うことで姫路城には2回目のそしてじっくり撮るのは初めての姫路城です。

やはり姫路城で一番目立つのは天守ですよね。

平成の大修理を経て新たに蘇った天守はとても白くて綺麗になったんですが白すぎて姫路城の別名白鷺城を揶揄して白過ぎ城と言われてるようですがまあ失礼な話ですよ。

丸亀城の時も話しましたがこの城は姫路市民が誇りを胸に空襲から守り切った城。

同じ立派な天守でも岡山城は岡山空襲で無残に崩れ落ちたんですよ。

敵が文化財を傷つかないように空襲するなんて嘘なんですよ。

それを平成の時を超えて姫路市民は修復という形で語り継ごうとしているわけですから多少白すぎても我慢しなさいよね。

時が経てばすぐに煤けるんだから。

確かに白すぎて適性出したつもりが天守が白飛びしたり、天守に合わせたら周辺が暗くなったりするけど!

天守から城下を
天守直下で撮りました。ほんとにすごい城

そして姫路城がすごい所は天守だけじゃないですよ。

周辺の櫓も現存という所、まあやはり写真としては天守が映えるけれども歴史や城好きなら櫓や漆喰の壁にも目を向けてあげてください。

どんな城も天守だけ残って櫓のない城、天守がなくて櫓の残る城は寂しいはず。

天守内部

多門櫓などもぜひ見どころなので見て欲しい所

天守内の展示に関してはかなり簡素でした。

修復して間もないからでしょうか?

天守の展示物に関しては姫路城よりも他の現存天守のほうが迫力がありました。

ただし姫路城は多門櫓の方に展示の主眼が置かれていたのでどちらかと言うと天守は往時の姿を観覧して欲しいということかもしれませんね。

天守内の展示が充実していたのはどの現存天守も同じですが最も充実していたのは松本城でした。

正直松本城の天守内の展示物はどの城も勝てないほどの充実感でしょう。

松本城はその代わりに天守以外に建築物としての遺構が殆どないためその為に天守内が充実してるのかもしれませんね。

無茶苦茶見どころがありました。

天守内で最も時間をかけて展示物を見た城が松本城でした。

まあ姫路城は天守以外がすべて優れているので天守の内容物が優れている必要は全く無いんですがね。

世界遺産は伊達じゃないですよ。

この姫路城に関しては周りの方も遺構が多いので是非もっと散策したい所

帰りは姫路駅の構内の吉野家で牛丼を食べたんですが何故か分かりませんが驚くほど美味しかったです。

駅だから御飯が常に炊きたてだからかなあ?

姫路に行ったら毎回食べるようにしようと心に誓いました。

天守以外の遺構も凄いのが姫路城
17-50 f2.8japanK-3K3PENTAXSnapスナップ兵庫写真ブログ姫路姫路城現存天守石垣遺跡

tetsugorou • 2016年7月26日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください