tetugorous Photograph

大崎下島の帰りにドームに寄った

広島に行くと必ず原爆ドームに寄って同じような写真を撮ってしまう。

去年も同じような写真を撮った気がする。

原爆ドームはかなり好きな遺産の一つだ。

戦争が嫌いとか平和の象徴とか思っているからではない。

申し訳ないが私はそんなに感傷的ではないし、第2次世界大戦(大東亜戦争)が必ずしも日本が悪かったが為に戦争になったわけではないと思っているし、原爆が戦争を終結させるために必要な武器だったとか日本の降伏が遅れたせいで原爆が使われたとか思っていないので、むしろ私は某国の原爆使用自体は人体実験を兼ねたジェノサイドだと思っているので悪しからず。

では私はなぜこの原爆ドーム(正式名称:広島県立産業奨励館)が好きかというと日本がこう言う遺産を形を崩さずにきっちりと残す姿勢が好きなのだ。

普通は痛みの象徴なのだから目を背けたくなるものだから撤去されてもおかしくない。

解体して破片を歴史博物館に移送されてもおかしくない所を当時の原型をしっかりと留めて残す謙虚さが好きなのだ。

ちなみに最終日の写真はこれしか撮っていない、すぐに電車で帰ったからだ。

17-50 f2.8japanK-3K3PENTAXSIGMAスナップ写真ブログ原爆ドーム広島日本街Snap街スナップ

tetsugorou • 2016年2月10日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください