tetugorous Photograph

前の広島の写真の続き

一昨年に大和ミュージアムで写真を撮ったが去年HDDが飛んだ時に全て消えてしまったので再び行ってきた。

9月に・・・

全然現像も進まなかったしなんだかんだとダラダラ時を過ごしてきたらここまで時間が掛かってしまった。

この写真から先はRAW+JPEGで撮影してるのでスピードアップするだろう。

しかし、大分写真を溜めてるので公開は少しだけ先になると思うが・・・

そう言えば最近X10を手に入れた。

X10は以前に所有していたが以前所有していたX-E1を手に入れる時にセンサーが被ってしまうのとそれ程大きさが変わらないということで処分していたが、X-T1を所持した時にX-E1との絵作りの違いと画質の劣化、EVFへの疑問を払拭できずにX-TranceCMOSを諦めて全て手放していた。

フジのXマウント機は非常に高解像でヌケが良く色が綺麗なカメラで評判が良いが悪い所も多い、特に私は昨今の解像力が高くシャープネスを強くしてエッジを効かせてギザギザで荒くなったX-T1以降の絵作りは全くもって嫌いだ。

解像力が高いのは良い事だが行き過ぎると度が過ぎる。

ユーザーがそう言うカメラが高性能だと勘違いしているからX-E1の少し甘めのシャープネスは評価が別れることとなってX-T1の絵作りになったのだと考えるが、それが良い写真になっていると思うなら大きな勘違いだ。

エッジが効き過ぎることによって粗が大きく目立ってしまったり、シャープになりすぎることによって不快になることを理解していないのだと思う。

少なくとも私はそう言う写真は嫌いだ。

高性能で高解像なカメラが良い写真を生み出すとは限らない、そこを理解するにはユーザーの方が今は写真に対する理解が少ないのかもしれない。

私ごときが偉そうな事をダラダラと喋ったが、それと比べるとX10は所有していた頃から非常に素晴らしい絵作りで再び所有したいと心の端で感じていた。

解像力も丁度いいしセンサーが小さいから絞らなくても良い。

レンズも明るく使いやすい。

ファインダーに余計なものがない。

ボタンの配列もよく、押しやすい(X-T1のボタンは押しづらく使いものにならない。新しいロットでは改善されたがそれでも使い難い)

何よりも色が新しいXシリーズの映像エンジンであるEXRⅡよりもEXRの方が色が綺麗だ。

特に赤と青の表現の仕方が半端なく違う。

ダイナミックレンジも比較的広くセンサーが大きなK3と比べても表現の範囲が明らかに広いのだ。

おかげで余計なことを考えずラフに撮れるので撮影することが楽しい。

X10は本当に良いカメラです。

17-50 f2.8da 50-135 F2.8japanK-3K3PENTAXSIGMASnapスナップ写真ブログ原爆ドーム大和ミュージアム広島戦艦戦艦大和戦闘機街Snap街スナップ零戦

tetsugorou • 2016年1月7日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください